本年度、熊本市PTA協議会会長に就任させていただきました、楠中学校PTA会長の家入 淳(いえいりまこと)です。この一年間、熊本市PTA協議会の総力をあげて、さまざまな課題に挑戦していく所存ですので、ご支援いただきますようお願いいたします。

 まず、昨年度は熊本地震により、PTA活動もままならない状況のなか、我々会員を導いてくれました坂本前会長をはじめ、退任される役員・常任理事の皆様、一年間、本当にありがとうございました。会を代表し、心より御礼申し上げます。

 さて、ここで中国の作家「魯迅」の言葉を紹介させていただきます。 「もともと地上に道はない。歩く人が多くなれば、それが道になるのだ。」という言葉です。

 今では、当たり前になっていることも、その道を信じて、歩き出した人がいたことで、現実になったのです。どんなに未知数のことも、始めて見れば、誰かが共感し、力を貸してくれるかもしれません。勇気をもって踏み出すことで、道を開き、未来を創ることができるのです。

 熊本市PTA協議会は、本年度、政令市PTAとして6年目を迎えました。昨年度は日本PTA全国協議会への単独加盟を果たすことができ、これから大きな一歩を踏み出す時がやってきました。

 先ほど、私が、「熊本市PTA協議会の総力をあげて、さまざまな課題に挑戦していきます」と申しましたが、挑戦していく課題には、当たり前のことはありません。私自身も悩み、躊躇することもあるかもしれません。しかし、そこで立ち止まるのではなく、ここにいる多くの仲間と共に、一歩ずつ、確実に歩みを進めていきたいと思います。

 ところで、本年度は、熊本県PTA連合会との共催事業での研究大会「熊本はひとつ 震災復興 ひのくに大会」を11月23日に開催いたします。熊本が一つになり、このような大きな学びの場を提供できることに、また、そこに携われるということに、私自身も大きな喜びを感じています。きっと多くの方々に、お力添えをいただくことになると思いますが、その方々に、どのような道が開けるのか、どのような未来が創られるのか、そして、振り返った時に、どれほど大きな喜びや、感動の道が広がっているのかも楽しみの一つです。

 第一線で頑張られている会員の皆様だからこそ、共感できる、理解できる、苦労や喜びなどもあると思います。熊本市PTA協議会も会員の皆様と共に手をとり、新しい道を切り開いていくよう頑張ってまいりますので、どうぞ温かいご支援・ご協力のほどよろしくお願いします。白・・・・・・・・・・・・・・・・・      5/27土 市P定期総会会長挨拶より)

平成29年5月27
白・・・・・・・・・・・・・熊本市PTA協議会会長 家入 淳