就任のごあいさつ

              熊本市PTA協議会 会長 松島雄一郎

 今年度より熊本市PTA協議会の会長を務めさせていただきます、南区にございます田迎西小学校会長の松島です。どうぞよろしくお願い申し上げます。熊本市PTA協議会も今年度70周年を迎え、その歴史の重さに対し大きな責任を実感しております。

 さて、年号も変わり新時代を迎え、皆様におかれましては、新しい時代への期待感で胸を膨らませておられる事と存じます。子どもたちにとっても、住み良い世の中になるよう祈るばかりです。

 一方で現実に目を向けますと、度重なる天災や事件事故、SNSやいじめの問題、暴力や虐待など、子どもたちを取り巻く環境は近年厳しさを増すばかりです。そして全てが、子どもたちの大事な命や精神を脅かす存在となっているように思えます。
また、子どもたちだけでなく、大人の環境においても複雑さが増し、長時間労働や様々なハラスメントなど、多くの問題を抱えており、世の大人が疲労困憊しているように感じます。さらにその状態が、子どもたちの環境悪化の要因のひとつになっているのではないでしょうか。

 そのような状況において、我々保護者は、どのようにして子どもたちや学校を支えていくべきか?
ご意見は様々だと思いますが、一番大事なのは、我々が保護者同士、あるいは先生方や行政、そして地域としっかり協力する事だと考えます。「協力」よく耳にする言葉ですが、そこに不可欠なのは相互理解、すなわち相手を思いやる気持ちだと思います。
私見ですが、今の時代の大人たちにはその気持ちが希薄のように思えてなりません。かく言う私自身も、振り返れば反省すべき点が多々ございます。相手を思いやる優しい気持ちが、子どもたちや悩める大人を救う事が出来るかもしれません。寛容な気持ちをもって周りと協力する事が出来る組織、そんな熊本市PTA協議会でありたいと思います。

 来年十月に開催される「九州ブロック研究大会くまもと大会」など、主催行事も続きますが、並行して子どもたちはもちろん、保護者の皆様や先生方の心が豊かになるような活動も行ってまいりたいと思います。引き続き、ご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

令和元年6月1日 熊本市PTA協議会定期総会にて